If you like 1970s Tangerine Dream and Klaus Schulze, you'll positively LOVE this mainly guitar-based album which manages to sound like the smooth 70s synthesiser releases from the above. Everyday low prices and free delivery on eligible orders. When I saw "Original recording remastered - EMI 1990" on Amazon, I decided to order the new release, as remastered versions usually sound much better. New Age of Earth" is a perfect example of Manuel Göttsching's superb electric guitar playing. / Includes insert. It could also be seen perhaps as a link between 'Berlin-School' style electronics and ambient (think Klaus Schulze). LP Ashra / New Age Of Earth / 1978 / Virgin / Japan Original / VIP-6914 Vinyl:A-NM-, B-VG+ / With slight crackles on the beginning of B-1. My favorite track is "Ocean of Tenderness"; close your eyes and float away on the wings of this sound. 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, アシュラ(アシュ・ラ・テンペルの第2期のバンド名)はドイツのプログレッシヴ・ロック(クラウトロック)バンド。このアルバムはアシュラ名義でリリースされているが、実質はマニュエル・ゲッチングのソロアルバム。シンセをベースにマニュエル・ゲッチングのギターソロを交えた、スペイシーかつミニマルなエレクトロニカ・サウンド。イージーリスニング寄りの音。いわゆる「ニューエイジミュージック」の源流の一つ, アシュラは、名前は聞いたことがあるが、そのサウンドは耳にした事がありませんでした。アシュ・ラ・テンプルという前身があって、このアルバムでは、マニュエル・ゲッチング(g)が主体(ソロなのかな?)となっております。「ドイツのプログレバンド」といった先入観があったので、まさか、このようなサウンドが展開されていようとは思いもよりませんでした。, でも心地よい音楽の波が押し寄せてきます。これくらいの前衛的な感じがちょうどいいですね。, 76年発表の7作目。アシュ・ラ・テンプルからアシュ・ラへ名義を短縮する時期の作品だが、この名義の変更は本作で自らの音楽性を確立した自信の裏付けとも言えるだろう。彼の代表曲の一つである3.は初期ヴァージン・レコードの雰囲気を色濃く残した曲であり、パンクの時代直前のジャーマン・プログレの代表曲である。大作中心の全4曲という作風はTDにも近い雰囲気だが、アンビエント的な心地よさとロック的なダイナミクスも感じさせ、かつミニマル的な要素が更に強い。80年代末から90年代にかけてアンビエント・ハウスなる一つのスタイルが登場した時に彼の80年代の作品が一部で再評価されていたが、その骨格の全ては本作にありむしろこちらの方が作品としての完成度は高い。この作品は多くのジャーマン・フログレの中でも極めて重要な屈指の名作であることもまた事実だが、それ以上に聴覚的な心地よさが何よりもの魅力であり言葉をダラダラと並べるよりも聞いた方が早い。それだけの独創的な完成度、すなわち計算された快楽のようなものを感じさせる仕上がりである。, ドラッグ効果を求めるならむしろ「インヴェンジョン〜」か「E2E4]をおすすめ。しかしこちらの方がよりゆるく穏やかであるが、彼の音楽の本質を体験出来る。. Manuel Gottsching's synth and guitar work is exquisite throughout but reaches a climax on the final 21 minute cut, Nightdust. To me, it is evocative of long, carefree summer nights. If you like 1970s Tangerine Dream and Klaus Schulze, you'll positively LOVE this mainly guitar-based album which manages to sound like the smooth 70s synthesiser releases from the above. Leaves me with a shiver down the spine every time, and you can't ask for any more than that. Even if you didn't ever explore the synth. Shop New Age of Earth. groups or have these summer memories, this album might convince you that you did! It could also be seen perhaps as a link between 'Berlin-School' style electronics and ambient (think Klaus Schulze). So - best album ever, then. I've not heard any of the CD versions so, I'm afraid that I can't offer a comparison there. If you like German "new age", "space rock", Klaus Schulze or … : VG+ / Includes insert. To me, it is evocative of long, carefree summer nights. Leaves me with a shiver down the spine every time, and you can't ask for any more than that. Manuel Gottsching's synth and guitar work is exquisite throughout but reaches a climax on the final 21 minute cut, Nightdust. On one hand there are perhaps people who have discovered Ashra via the Krautrock scene (Manuel Gottschings works with Ash Ra Tempel for example). My favorite track is "Ocean of Tenderness"; close your eyes and float away on the wings of this sound. Cheers, Chris On the other hand, there's the rather misleading implication that this is a new-age album. I already owned the 1977 release of "New Age of Earth" (label Virgin Records). New to Ash Ra. In truth, this album sounds like a mix of ambient, krautrock, electronic and yes, perhaps a splash of new-age. 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, アシュラ(アシュ・ラ・テンペルの第2期のバンド名)はドイツのプログレッシヴ・ロック(クラウトロック)バンド。このアルバムはアシュラ名義でリリースされているが、実質はマニュエル・ゲッチングのソロアルバム。シンセをベースにマニュエル・ゲッチングのギターソロを交えた、スペイシーかつミニマルなエレクトロニカ・サウンド。イージーリスニング寄りの音。いわゆる「ニューエイジミュージック」の源流の一つ, アシュラは、名前は聞いたことがあるが、そのサウンドは耳にした事がありませんでした。アシュ・ラ・テンプルという前身があって、このアルバムでは、マニュエル・ゲッチング(g)が主体(ソロなのかな?)となっております。「ドイツのプログレバンド」といった先入観があったので、まさか、このようなサウンドが展開されていようとは思いもよりませんでした。, でも心地よい音楽の波が押し寄せてきます。これくらいの前衛的な感じがちょうどいいですね。, 76年発表の7作目。アシュ・ラ・テンプルからアシュ・ラへ名義を短縮する時期の作品だが、この名義の変更は本作で自らの音楽性を確立した自信の裏付けとも言えるだろう。彼の代表曲の一つである3.は初期ヴァージン・レコードの雰囲気を色濃く残した曲であり、パンクの時代直前のジャーマン・プログレの代表曲である。大作中心の全4曲という作風はTDにも近い雰囲気だが、アンビエント的な心地よさとロック的なダイナミクスも感じさせ、かつミニマル的な要素が更に強い。80年代末から90年代にかけてアンビエント・ハウスなる一つのスタイルが登場した時に彼の80年代の作品が一部で再評価されていたが、その骨格の全ては本作にありむしろこちらの方が作品としての完成度は高い。この作品は多くのジャーマン・フログレの中でも極めて重要な屈指の名作であることもまた事実だが、それ以上に聴覚的な心地よさが何よりもの魅力であり言葉をダラダラと並べるよりも聞いた方が早い。それだけの独創的な完成度、すなわち計算された快楽のようなものを感じさせる仕上がりである。, ドラッグ効果を求めるならむしろ「インヴェンジョン〜」か「E2E4]をおすすめ。しかしこちらの方がよりゆるく穏やかであるが、彼の音楽の本質を体験出来る。. 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 This seminal piece bridges the acid-fuelled freakout of the earlier Ash Ra Tempel and the more sedate meanderings of later Ashra but manages to combine the best of both. Much as I am averse to all that I must admit that this album is the one that always springs to mind. New to Ash Ra. On one hand there are perhaps people who have discovered Ashra via the Krautrock scene (Manuel Gottschings works with Ash Ra Tempel for example). Big disappointment however when I opened the package and saw that it was exactly the same 1977 album as in my collection. 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 A good album to start with. 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. Cover: VG+ / SL RW / Very slight ring wear. On the other hand, there's the rather misleading implication that this is a new-age album. I checked the internet and saw that the 1990 release is merely a REISSUE and not a remastered version. I have a Japanese vinyl copy and it sounds quite wonderful. That hoary old chestnut - "what is your favourite album ever?". Even if you didn't ever explore the synth. Much as I am averse to all that I must admit that this album is the one that always springs to mind. My favorite track is "Ocean of Tenderness"; close your eyes and float away on the wings of this sound. New Age of Earth" is a perfect example of Manuel Göttsching's superb electric guitar playing. If you like German "new age", "space rock", Klaus Schulze or Tangerine Dream then this is an album to buy. When I saw "Original recording remastered - EMI 1990" on Amazon, I decided to order the new release, as remastered versions usually sound much better.